MENU
CLOSE

研修・研究会

  1. TOP
  2. 研修・研究会

日本犯罪心理学会主催全国研修会

終了しました。

概要

 対⼈援助を⾏う⼼理臨床におけるアセスメントの重要性は⾔うまでもないことであり、非⾏・犯罪領域における再犯・再非⾏防⽌のための各種処遇においても、アセスメントは不可⽋なものです。
しかしながら、一口に「アセスメント」と⾔っても、審判前に実施する家庭裁判所調査官による社会調査や少年鑑別所による収容審判鑑別と、審判(裁判)後に処遇機関が⾃らの処遇⽅針設定のために⾏うアセスメントでは、その枠組みや⼒点の置き⽅が異なると思われます。
また、アセスメントや処遇の場が社会内か施設内かによっても、更には、非⾏性や犯罪性の進み具合、対象が少年か成⼈かの違いによっても、アセスメントの着眼点や⽅法論等が異なると考えられます。
そこで、本研修会では、様々な非⾏・犯罪臨床の現場で勤務する講師から、それぞれの機関におけるアセスメントの⽅法やケース理解の枠組みについて解説していただきます。
そして、それぞれの特徴や相違点についての共通理解を得た上で、同一の対象者に対してリレー⽅式で複数の機関が関与する場合が多い非⾏・犯罪領域の事情も踏まえて、情報共有や連携の在り⽅について、フロアの皆様も交えてディスカッションする場を設けたいと考えています。
多くの会員の皆様にご参加いただけますよう、心よりお待ち申し上げております。

参加申込について

参加対象者(参加資格)
日本犯罪心理学会の会員限定
※お申込みの時点で会員である必要があります
参加費
2,000円(学生会員は、学生証提示で1,000円。
当日、受付にてお支払いください)
定員
100名(定員に達し次第、申込期間中であっても受付を締め切らせていただきます)
申込期間
2019年4月16日(火)~5月24日(金)
申込方法・注意事項
ご参加は、事前にお申込みされた方に限ります。
参加希望の方は必ず事前にお申込みください。

参加申込の段階では、ご参加は確定ではありません。
お申込みいただいた順に受付し、参加資格を確認させていただきます。
6月中旬頃までに、事務局より参加の可否につきましてメールにて個別に御連絡させていただきます。
お申込みは、申込システムでのみ受け付けます。申込期間中、下記に申込ボタンを設置しますので、アクセスし、入力必要事項(氏名、住所、所属、メールアドレス、生年月日)をご入力の上、お申し込みください。
本研修会の参加者は、臨床心理士研修ポイントを取得できる予定です。(研修会当日に発行する領収書を、研修参加を証明する書類としてご利用ください)
なお、お知らせいただいた情報は、本研修会の受付目的にのみ利用させていただきます。

お申込みはこちら

お問い合わせ先

本研修に関するお問合せは、hanshin_kensyu@aol.jpまで

過去の全国研修会

日程 会場 テーマ
2018.6.30 日本女子大学 情状鑑定の実際から見た犯罪心理学の専門性と課題

地区研究会

全国8つのブロックが、それぞれ「地区研究会」を開催しています。学会員には、別途お知らせが各ブロックの研究委員会から届きます。
いずれの地区研究会(除く、関東)も、申込みはこちら

平成30年度日本犯罪心理学会関東地区研究会公募のお知らせ

以下よりダウンロードいただけます。

研究助成

日本犯罪心理学会では、毎年、研究助成を行っています。若手会員の積極的な応募をお願いいたします。運用に関する規定は本ホームページのほか、会誌第49巻2号にも掲載されています。

研究助成制度の内規の一部が次のように改正されました。
「研究助成制度について」の別紙欄外に注書きを加え、「研究助成選考要領」の1手続き中になお書きを加えました。以下のリンクでご確認ください。

以下よりダウンロードいただけます。

PAGE TOP