MENU
CLOSE

掲示板

  1. TOP
  2. 掲示板詳細

掲示板

鈴鹿医療科学大学公開特別講座のお知らせ

鈴鹿医療科学大学では、台湾で刑事司法制度や量刑相場をご研究の戴伸峰先生(台湾国立中正大学)をお招きして対面スタイルの公開特別講座を開催いたします。新型コロナウィルス感染対策のため事前お申込は必要ですが(詳細はフライヤーを参照)、入場無料ですので専門分野を問わず皆さま奮ってご参加ください。

【日時】2023年1月28日(土) 13:00〜15:00 (開場12:30)
【会場】鈴鹿医療科学大学白子キャンパス6号館6101大講義室
(アクセス https://www.suzuka-u.ac.jp/campuslife/access;
キャンパスマップ https://www.suzuka-u.ac.jp/campuslife/shiroko_campus)
【講師】戴 伸峰 氏(台湾国立中正大学教授)
【演題】犯罪と逸脱の心理学:台湾の現状と展望
【概要】日本同様、台湾もこれまでは治安がよい国とされ、一般市民は犯罪という現象にあまり関心を寄せてこなかった。しかし、8年前に起こった地下鉄無差別殺人事件以降、犯罪や刑事司法制度に対する関心が一気に高まり、犯罪行為の背後に潜む心理要因がさかんに研究されるようになった。そこで本講演では、まず近年の台湾の犯罪事情を概観し、“白ロース運動”や“死刑廃止に関する論争”など世間を震撼させた事件からの刑事司法改革の流れを分析する。そして、台湾に固有の犯罪事情(高齢犯罪、詐欺、薬物乱用)と刑事司法制度に関する世論の変化(量刑相場、国民裁判官制度)について、実証研究を交えながら報告する。
【パネリスト】大渕憲一 氏(東北大学名誉教授)
【使用言語】日本語
【主催】鈴鹿医療科学大学保健衛生学部医療福祉学科

※1 お問い合わせは上原俊介(uehara@suzuka-u.ac.jp)までお願いします。
※2 当日に発熱・咳・咽頭痛・味覚障害などの症状がある方、過去2週間以内に感染が拡大している国や地域への訪問歴がある方、そうした人との濃厚接触がある方、過去2週間以内に新型コロナウィルス感染症陽性と診断された人との濃厚接触がある方は来場をお控えください。
※3 会場では適切なマスクの正しい着用と、手洗い・アルコール消毒・咳エチケットを励行し、他の方との適当な距離をお取りいただき、会話は最小限としてください。

PAGE TOP