MENU
CLOSE

ニュース

  1. TOP
  2. ニュース

ニュース

新着情報

鈴鹿医療科学大学公開特別講座のお知らせ

会員の上原俊介氏から,以下のお知らせが届きましたので,ご紹介します。

 鈴鹿医療科学大学では、台湾で刑事司法制度や量刑相場をご研究の戴伸峰先生
(台湾国立中正大学)をお招きして公開特別講座を開催いたします。事前登録は不
要、入場も無料ですので、専門分野を問わず皆さま奮ってご参加ください。フラ
イヤーはこちら

【日 時】2020年2月22日(土) 13:00~15:30

【会 場】鈴鹿医療科学大学千代崎キャンパスB講義棟1階3513室
(アクセス https://www.suzuka-u.ac.jp/campuslife/access;
キャンパスマップ https://www.suzuka-u.ac.jp/campuslife/chiyozaki_campus)

【講 師】戴 伸峰 氏(台湾国立中正大学教授)
【指定討論者】大渕憲一 氏(東北大学名誉教授・放送大学宮城学習センター所長)

【演 題】犯罪と逸脱の心理学:台湾の現状と展望

【概 要】日本同様、台湾もこれまでは治安がよい国とされ、一般市民はあまり
犯罪という現象に関心を寄せてこなかった。しかし、5年前に起こった地下鉄無
差別殺人事件以降、犯罪や刑事司法制度に対する関心が一気に高まり、犯罪行為の背後に潜む心理要因がさかんに研究されるようになった。そこで本講演では、まず近年の台湾の犯罪事情を概観し、“白ロース運動”や“死刑廃止に関する論争”など世間を震撼させた事件からの刑事司法改革の流れを分析する。そして、台湾に固有の犯罪事情(高齢犯罪、詐欺、薬物乱用)と刑事司法制度に関する世論の変化(量刑相場)について、実証研究を交えながら報告する。

【使用言語】日本語
【主 催】鈴鹿医療科学大学保健衛生学部医療福祉学科
※お問い合わせは上原俊介(uehara@suzuka-u.ac.jp)までお願いします。

PAGE TOP